「ブログに書くことがなかなか見つからない・・・・」

「見つけるのが精いっぱいで、大変で、なかなか楽にならない・・」

「1日1記事が精一杯、みんなどうやって見つけているんだろう?」

「わたしの書いた文章は届いてるのかな?」

「もっともっと、ラクにネタを見つけて気持ちに余裕持ちたい♪」

「いくらでもかける〜〜〜!って言ってみたい♪」

こんな風に思っていませんか??

そんなあなたへ、ヒントをお届けしていきます^^

ブログネタなんて、山ほど山ほどあるんです。
身の回りにいーーーーっぱいあります。

だから「ブログネタ?困ってない〜」
「何記事でも書ける〜」と思ってる人は「ネタ山ほどある!」って信じてます。

「ブログネタに困ってる><」人は、全然ない><と信じてるだけ。

ちょっと「見る場所」を変えるだけ「意識」を変えるだけで
世界が変わりますからね!!!

発掘しまくりましょう!!

【その1】耳ダンボ作戦をマスターせよ!!



名前のとおり、その通りでございます(笑)

耳をダンボにして、今あなたが聞こえていない声を聞くスイッチいれましょう。

なんとなくスルーしている声を「覚える」くらい聞くスイッチいれましょう。

「パチン!!」っとね。





今すぐできるんですよ^^
無料でできるんですよ^^

電車に乗っていたら、今日の電車移動中。
耳ダンボしてみて。

カフェにいたら、澄ました顔をしながら
耳ダンボしてみて。

お友だちとランチしていたり、ママ友といたら、ニコニコしながら耳ダンボしてみて。

職場にいたら・・・とどこでも。


「困っていること」「願ってること」




聞こえてきませんか??

・インスタってよく分かってないんだよね〜
・自撮りってやっぱり慣れないよね〜
・旦那さん、ご飯くらい炊いてくれてたらいいのに〜
・あ〜あったかくて、仕事スイッチ入らない〜
・ユニクロって使えるけど被るのはイヤなんだよね〜どうしよう〜
・ファーピアスやっぱり可愛いよね。どこで買えるんだろう〜
・30歳過ぎたら一気に出会いが減ったんだよね〜でも自分から動かないとな〜
・次女が最近、やたらと甘えっ子になって困ってるんだよね
・今年こそ痩せたいんだけど、もう何やったらいいかわかんないんだよね
・どうやったらダイエット続けられるんだろう〜1ヶ月も無理だわ〜
・オシャレに見える食器って欲しいよね〜
・「くるりんぱ」くらいしかアレンジできないから、ヘアアレンジ学びたいわ〜
・眉毛書くのって、やっぱりイマイチ自信ないんだよね〜


いろんなジャンル書いてみました。
どうですか?ふつうに日常で聞きませんか??

ふだんから耳ダンボ作戦を練習しておいて
あなたの応援したい人といる時に「耳ダンボ2倍増し」くらいにしましょう!







私は昨日の100いいね!ワークショップで
やっぱり無意識に、耳ダンボになってましたよ(笑)

そしたら・・・
聞こえてくるんですよ^^

——————————————————————

・今年こそメルマガスタートしたい!
・メルマガ書けてない><あーー読者さんに申し訳ないなぁ
・今年一通目なのに、もう、あけましておめでとうはおかしいよね
・ブログとメルマガとFBの使い分けがやっぱりイマイチできてない〜
・そこに、アメンバー記事が入ってくると、さらに><。。
・1日1記事書くのもヒーヒーいってる〜
・「1日5記事でも10記事でも書けるよ」
↑「え〜!多分脳みそが違うだけなんだろうなぁ〜」

・写真かわいく撮りたいのに難しい〜
・わ〜!小さいフセンすごく使いやすそう〜使い方知りたい
・わたしも今年インスタ挑戦したい〜
・まいこさんの妄想すごろくいきたい〜
・じゅんさん(私の旦那)に会えるかな〜と思ったのに〜

——————————————————————

まだまだ何個も出てきます^^

簡単じゃないですか??

このセリフを忘れないように。
あなたが「わ!それ伝えたいわ!!」と思うものを選んで。

スマホにメモ。ノートにメモ。フセンにメモ。
メモメモしておいてくださいね^^忘れないように。

あとは。


1つのセリフに対して、あなたが伝えられることテーマを1つ選んで。
そのセリフの人に、話しかけるように伝えるように、ブログに書く!以上です。

テーマは1つ。なので。
1つのセリフ(悩み)に対して30個の記事を書ける!ことも。



(例えば)「ブログネタがなかなか見つからない〜」には30個以上書けるだろうし

(例えば)「ダイエットが続かない〜」にも1記事では終わらないし。


ポイントは「書きたい!」「伝えたい!」と思ったり
「書ける!」「伝えられる!」と思えるものを選ぶこと。

自信がないものを無理にかかないこと。

あなたにとっては、こんな簡単なことでいいの?と思うかもしれない。

そんな時は話してた人の声を思い出してみて。
あなたにとっては簡単でも、その本人にとっては知りたいことですからね♪




さぁ!
ということで、その1は耳ダンボ作戦!でした。

本当に簡単なので、今日すぐ!やりましょう。